ハイキューのアニメが無料で観れるサイト
U-NEXT(31日間無料)
hulu(14日間無料)

ハイキュー!!月島の名言「待ってたよ」は第何話?鋭い視線にドキドキ♡

ハイキュー 月島

ツッキーこと、月島と言えば普段は皮肉屋で嫌味な合いの手をよく入れていますよね。

でも、試合中はひとり、自問自答しながら冷静にコート全体を分析する姿が印象的です。

そんな中でも、ツッキーの脳内おしゃべりが止まらなかった白鳥沢戦、流れを変えた一点を決める「待ってたよ」について、今回は掘り下げてみました。

ハイキューが無料でみれるサイトTOP3

1位 U-NEXT
公式サイトはこちら

2位 Hulu
公式サイトはこちら

hulu

3位 ネットフリックス


========
スポンサードリンク

=========

月島「待ってたよ」は原作19巻163話、アニメ3期4話。遂に牛若を捕らえる…!

月島の「待ってたよ」が聞けるのは、春高予選決勝・白鳥沢戦の2セット目。

牛若の強烈なスパイクを止められず、点差が大きく開いて1セット目は終了します。

続く2セット目。段々と烏野メンバーも白鳥沢の攻撃に追いつくようになり、トータルディフェンスの息が合ってきます。

試合展開はまさに一進一退!

しつこいソフトブロック、粘りを見せる西谷のレシーブ、上がったボールを予想外の動きで攻撃に転じる日向・影山の速攻。

気持ちよく試合を進めることができず、段々と白鳥沢セッター・白布は苛立ってきます。

「うちのスパイカーに、道を開けろ!」

苛立ちと焦りから、ほんの少しの乱れた白布のトス。その瞬間を月島の眼が捉えます。獲物を捕らえるかのような瞳に、ゾクっと悪寒を感じる白布。

「ほんの僅か。苛立ちと焦りを含んだ綻びを、待ってたよ」

次の瞬間、牛若の強烈なスパイクを月島のブロックがしっかりと押さえ込み、ボールは白鳥沢陣営に弾き落とされる。

ズバンっというボールの音、ほんの少しの静寂の後に湧き上がる歓声。

遂に、月島が牛若を真正面から打ち落としたのでした。

試合序盤から冷静にボールを追い続けるツッキーの眼。執拗なまでに追って、追い続けて、遂に掴んだ一瞬を逃さない鋭い視線に白布くんだけじゃなく、見ているこちらもゾクっとします。

しかも、その瞬間を「キター!」って熱くならず、冷静に「待ってたよ」というモノローグがツッキーの静かな闘志を物語ります。

日向のエネルギーが太陽のような、明るくてキラキラと反射する陽の光であれば、ツッキーのそれは、蒼白くて冷たい印象を受ける、まさに月の光。

激しい打ち合いの試合中に、ひんやりと集中するツッキーはより際立って見えます。

月島が待っていた一瞬までの布石

試合開始直後から、月島の観察は始まります。

牛若のタイミングや威力を目の当たりにしながらも、怖気付くことなく、何ができるかを考え続け、動き続ける。

もちろん、白鳥沢の攻撃は牛若だけでなく、直感と感性で動くゲスブロッカー・天童や、熱意は人一倍ある1年生の五色など、牛若だけに気を取られていると隙をつかれることもある。

点を取られながらも、全体を見て、どのタイミングで、どうブロックを飛べばいいのか。

まるでデータを集めているかのように静かに、

でも、確実に動き続ける月島は、少しずつですが牛若のスパイクにワンタッチする回数も増えていきます。

ひとりで、自分の考えた通りに動き続けた月島が動いたのは、2セット目の後半。タイムアウト後、コートに戻る時に月島はみんなに声を掛けます。

「3枚ブロックの時のタイミング、僕に任せてもらえませんか?」

長いラリーの末、月島の掛け声と共に飛んだブロック、開いた隙間に放たれた牛若のストレート、その先には烏野のスーパーリベロ・西谷が。トータルディフェンスが遂に、見事決まったのです。

綺麗に上がったレシーブからスパイクを決めたのは、なんと月島!

この一点から白鳥沢優位の流れを堰き止め、一進一退の攻防の末に、あの「待ってたよ」の一瞬が導き出されるのでした。

何でも自分の中で完結させがちなツッキー。

試合が始まった時から、自分の中で、観察して、動いて、データを集め続けたツッキーが、みんなに声をかけた時、彼の中での計算というか、ひとつの仮定がたった瞬間だったのかなって感じました。

たかが部活って斜に構えて、積極的に自分からコミュニケーションを取ってこなかったツッキーの、まず最初の変化。

この辺りから、ツッキー覚醒までの具体的な布石が置かれはじめたんじゃないかな。

トータルディフェンスが綺麗に決まった後に、ツッキーにセットアップする影山くんもさすがとしか言いようがない。

苦しいラリーな末に、心理的にはエースにあげたくなるけれど、しっかり最後までコート全体を見て、一番得点の可能性が高い方に上げる。

怖いくらいに冷静だなあ。

ハイキューが無料でみれるサイトTOP3

1位 U-NEXT
公式サイトはこちら

2位 Hulu
公式サイトはこちら

hulu

3位 ネットフリックス


========
スポンサードリンク

=========

ドシャットからの日向煽りがツッキーらしい!

冷静に、執拗に、確実に…烏野の理性の名がふさわしいプレーを続ける月島。

その成果として生まれた、彼が「待ってた」瞬間を逃さず捕らえ、牛若のスパイクをドシャット。

遂にきたその一瞬に、月島の理性も歓喜に吹っ飛ばされ、渾身のガッツポーズ!

月島の普段見られない姿に、メンバーや応援団、兄の明光も驚きを隠せません。

西谷と田中は月島に飛びつき、喜びを表現。澤村、東峰の3年生コンビは、自身のドシャットを冷静に分析する月島に少し引き気味。

そして、同学年で同ポジションの日向は満面の笑みで月島を称賛します。

その日向の笑顔に、月島も少し微笑んだ後、上から目線で「どうも」と嫌味な笑顔を向けます。背後には「君もミドルブロッカーならやってみな」と言わんばかりのオーラが。

煽られた日向は怒り、田中にたしなめられます。

チームメイトがそれぞれに喜ぶ中、当の月島は冷静に、勝負はこれからだ、と声をかけ、チームの士気をさらに上げるのでした。

この日向を煽るツッキーが、まさにツッキー!って感じでわたしは好きです♡

冷静に分析して、ひたすら待って、ドシャットを決めて…はちゃめちゃにカッコよくなったのに、やっぱりツッキーはツッキー!笑ってなる、ここまでの一連の流れが好き♡♡

それでも、チームの士気を皮肉とかではなく、素直にあげてくなんて、多分今までなかったツッキー。変わらないところもあるけれど、変わったところも大いにあって、その成長がファンとして嬉しい。

でも、やっぱり、いつまで経っても、どんなに強くなっても、素直な日向 vs ひねくれツッキーのやり取りは変わって欲しくないなあって思ったりしました。

まとめ

・月島「待ってたよ」は原作19巻163話、アニメ3期4話。春高予選決勝・白鳥沢戦の2セット目。

・「待ってたよ」までの布石は試合開始と同時に始まっていた

・冷静にカッコよく決めた後でも、日向煽りは忘れないのがツッキーらしさ

他の記事でも書きましたが、白鳥沢戦はまさにツッキー回!なので、白鳥沢戦を描いたアニメ3期はシーズンツッキーとも言えるんです。

こんなに活躍していいの!?ってくらい出てきて、鋭い目をしたり、渾身のガッツポーズしたり、めちゃくちゃ悔しがったり…ツッキー百面相も見られるのでツッキーファンであるわたしは、めちゃくちゃお勧めしたいシーズンです♡

ハイキューが無料でみれるサイトTOP3

1位 U-NEXT
公式サイトはこちら

2位 Hulu
公式サイトはこちら

hulu

3位 ネットフリックス


本ページの情報は2022年8月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトなど各動画配信サイトにて ご確認ください。


========
スポンサードリンク

=========

コメント

ハイキューのアニメが無料で観れるサイト
U-NEXT(31日間無料)
hulu(14日間無料)
タイトルとURLをコピーしました