ハイキューのアニメが無料で観れるサイト
U-NEXT(31日間無料)
hulu(14日間無料)

アニメハイキュー!研磨の幼少期は何話で見れる?

ハイキュー

ハイキューto the top の2クール目が放送開始になりましたね!
ますますアニメでは熱くなるハイキューです。

さて今回は烏野高校のライバル、音駒高校のブレイン。
セッターの狐爪研磨の幼少期にフォーカスをあてていきます。

研磨の幼少期は何話?

1期12話でまだ黒髪の小学生時代の研磨が描かれています。
この頃から遊び相手は幼馴染のクロ(黒尾)だけで、人見知りだったことが分かります。

目立たないために神経を尖らせ、他人を見る観察力を身に着けており
それが今や音駒に欠かせないものになています。
また劇場版総編集“終わりと始まり”でも研磨とクロの幼少期が描かれています。

二人の必殺技は“一人時間差”
その始まりは小学生だった二人が河原でバレーをしていたころ。
この頃から研磨がトスを上げ、クロが打つというスタイルだったようです。
テレビの試合で一人時間差の攻撃を見たクロは
それを二人の必殺技にすべく「他の奴らにできないことをできるようになるんだ」
と決意している様子が描かれており、研磨は「意味わかんない…」と言っていますが、
高校生になった現在、“一人時間差”は二人の必殺技になっています。

幼少期はどんな少年だった?

幼少の頃から変わらず人見知りで無口な研磨。
高校生では金髪の研磨ですが、幼い黒髪の研磨は今とは違う可愛さがあります!

いつも教室の片隅で一人ゲームをしているような性格で、
他人と関わることが苦手だったことが分かります。

主将の黒尾(クロ)とは家が近所で幼い頃からの幼馴染です。
高校生の研磨もかっこよくて素敵ですが、
幼い頃の猫背でバレーを頑張る姿も可愛いです。

バレーを始めるきっかけとクロとの関係


研磨はファンの間で“無気力組”と言われておりあまりバレーに一生懸命ではありません。
日向と研磨が初めて道で会った時も研磨は「なんとなくやっている」と答え、
練習試合の後、日向の「勝ってどう思った?」という質問に「別に、普通」と応えています。

では研磨がバレーを続ける理由はなんなのでしょうか。
その理由は幼馴染で主将のクロの存在。

幼い頃クロの勧めで始めたバレー。
運動は好きではなかったがバレーボールは幼い頃からクロとやっており、
中学ではクロとバレー部に入部しています。
高校でも何となくバレーは続け今に至ります。

高校生になり先輩との厳しい上下関係に落ち込む研磨にクロは
回想で、「お前は絶対にチームを強くする」と言われています。
そのおかげなのか、狐爪研磨というセッターは
今や音駒の大事は頭脳としてチームなくてなならない存在になっているのです。

まとめ

1.研磨の幼少期は何話?
2.幼少期はどんな少年だった?
3.バレーを始めるきっかけとクロとの関係
いかがだったでしょうか。

劇場版では研磨やクロの幼い頃のカットが見れるのでアニメしか
見たことない方にはおすすめです!

また今後の展開としてはまだアニメでは描かれていませんが、
研磨のバレーへ対する想いの変化や髪を金髪にした理由などなど
研磨に関することはこれからたくさん登場するので注目です

ハイキューが無料でみれるサイトTOP3

1位 U-NEXT
公式サイトはこちら

2位 Hulu
公式サイトはこちら

hulu

3位 ネットフリックス


本ページの情報は2022年8月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトなど各動画配信サイトにて ご確認ください。


========
スポンサードリンク

=========

コメント

ハイキューのアニメが無料で観れるサイト
U-NEXT(31日間無料)
hulu(14日間無料)
タイトルとURLをコピーしました